MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
患者サポートセンターのご案内
外来のご案内
外来担当一覧表
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時・再診時の選定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
患者サポートセンターのご案内
面会についてのご案内
回復期病棟のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
リウマチ・膠原病内科
循環器内科
脳神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
地域の医療機関との連携
地域医療連携だより
登録医検索システム
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報誌特集号
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
医師修学等資金貸与者募集
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【令和2年度分】
入札結果【令和元年度分】
入札結果【平成30年度分】
看護部サイト
訪問看護ステーション
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索
TOPページ > 採用情報 > 令和2年度 医師修学等資金貸与者募集

医師アイコン

令和2年度 医師修学等資金貸与者募集

募集要項

医師修学等資金貸与者募集

医師修学等資金貸与制度は、医学を専攻され、将来、明石市立市民病院において医師の業務に従事しようとする方に対し、修学又は研修に要する資金を無利息で貸与することにより、医師の確保を図ることを目的に創設されました。貸与相当期間、明石市立市民病院で勤務された場合は、修学等資金の返還が免除されます。

応募資格、方法等

応募要件 次のいずれの要件も満たす方です。
(1)将来、明石市立市民病院において医師の業務に従事しようとする意思を有する者。
(2)地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条各号に該当しない者。
 ・成年被後見人又は被保佐人
 ・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで
  又はその執行を受けることがなくなるまでの者
 ・明石市において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
 ・日本国憲法施行の日以降において、日本国憲法又はその下に成立した政府を
  暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
応募資格 令和2年4月1日以降、大学(学校教育法第1条に規定する大学)の医学部において
医学を専攻する学生のうち、3年生以上の在学生
募集人数 2名程度
貸与の額及び利息 (1)貸与の額
 ・第3学年~第4学年 ・・・・毎月15万円
 ・第5学年~第6学年 ・・・・毎月20万円
(2)利息
修学資金は無利息で貸与します。
貸与期間 正規の修学年限内
貸与の時期 5月(4月から9月分)及び10月(10月から3月分)に指定の銀行口座に振り込みます。
なお、初回の貸与の時期については別途通知します。
貸与の決定 申請書類及び面接審査により貸与者を決定します。
面接審査は、令和2年5月9日(土)に市民病院で行います。
応募方法 申請書類を市民病院へ直接持参いただくか郵送してください。
※郵送の場合は4月16日(木)必着
申請書類 (1)申請書類
 ・医師修学等資金貸与申請書
 ・履歴書
 ・健康診断書
 ・在学証明書
 ・大学からの推薦状
(2)連帯保証人
 ・申請には2名の連帯保証人が必要です。
  連帯保証人は、独立の生計を営み、修学等資金の返還及び
  遅延利息の支払の責任を負うことができる資力を有する者とします。
 ・貸与を受けようとする者(申請者)が、未成年者の場合は、
  連帯保証人のうち1名は、申請者の法定代理人として下さい。
募集期間 令和2年4月1日(水)~令和2年4月17日(金)

修学等資金の返還

次の返還事由が生じたときは、修学等資金を返還していただきます。

返還事由 ・明石市立市民病院において医師の業務に従事しなかったとき。
・大学を退学したとき。
・学業成績が著しく不良であると認めるとき。
・心身の故障のため修学を継続する見込みがなくなったとき。
・修学生等が死亡し、又は所在不明となったとき。
・偽りその他不正の手段により修学等資金の貸与を受けたとき。
・大学を卒業後、1年以内に医師免許を取得できなかったとき。
 (大学を卒業する年度の翌年度までに実施される国家試験に合格しなかったとき。)
・その他修学等資金の貸与の目的を達成する見込みがなくなったと理事長が認めるとき。
返還方法 (1)月賦(貸与を受けた期間を限度とします)
(2)半年賦(貸与を受けた期間を限度とします)
 ※一括払いも可能です。
返還利息 無利子
遅延利息 返還額を返還期日までに返還されない場合は、
返還期日の翌日から返還日までの間、
年14.6%の遅延利息を支払わなければなりません。

修学等資金の返還猶予

次の返還猶予事由が生じたときは、返還を猶予します。

返還猶予事由 ・修学生等が市民病院の医師として勤務している場合
・医学生として修学等資金を受けた者が、臨床研修を受けている場合
・医学生として修学等資金を受けた者が、医師免許を取得していない場合は、
 医師免許を取得するまでの期間。(最長1年間を限度)
・臨床研修医として修学等資金の返還の債務の履行の猶予を受けた者が、
 専門研修を受けている場合(最長3年間を限度)
・災害、病気その他やむを得ない理由により、修学等資金を返還することが
 困難であると理事長が認める場合

修学等資金の返還免除

貸与期間終了後、直ちに市民病院において医師として採用され、かつ、市民病院に医師として在職した期間(初期研修の期間は含みません)が貸与を受けた期間に達したときは、修学等資金の返還債務が全額免除となります。(ただし、所得税等が加算される場合があります)
※返還免除に係る在職期間については、平成24年度から後期研修医として市民病院に在籍した期間も含むことができるようになりました。

注意事項

注意事項 ・申請者は、この要項のほか
 「地方独立行政法人明石市立市民病院医師修学等貸与規程」
 をご参照下さい。
・申請書類は、採用の可否を決定する重要な書類ですから、
 遺漏のないよう正確に記載して下さい。
・申請書類は、採用の可否にかかわらず返却しませんので、ご了承下さい。
・採用の可否について電話等による直接のお問い合わせには
 お答えいたしかねますので、その旨ご了承下さい。

お問い合わせ先

住所 〒673-8501 明石市鷹匠町1-33
地方独立行政法人 明石市立市民病院
窓口 経営管理本部経営管理室人事課
電話 078-912-2323(代表)
FAX 078-914-8374
E-Mail byoinsom@akashi-shiminhosp.jp

募集要項及び提出書類等のダウンロード

078-912-2323(代)

TOPPAGE