装飾

先輩からのメッセージアイコン
当院に入職した理由
目指している看護師像
当院に入職した理由

私が当院を知ったきっかけは、学生時代の教員に当院での就職を勧められたからでした。当院についての情報収集をしていると、新人の教育体制や看護部の理念に惹かれました。他県での就職で育ってきた地元や親元を離れることを考えると少しためらう気持ちもありましたが、当院の看護師としての働き、いつか自分も「あなたに会えてよかった」と言ってもらえるようになりたいと思い、入職を決意しました。また、就職活動の際にインターシップに参加しましたが、その時に担当してくれた看護師や、各病棟の看護師が楽しそうに働いている姿を実際に目にしたことも入職を決めた理由の1つでもあります。

目指している看護師像

私は今、消化器外科・泌尿器科・消化器内科の混合病棟で勤務しています。主に周術期の患者様を対象に働いています。急性期の病院ということもあり在院日数が短く、あっという間に退院していく患者様がほとんどで、まだまだ技術も知識も未熟な私は、患者様に適切な看護を提供できているとは言えないのが現状にあると思います。日々、忙しい業務の中で、学ぶことはあふれる程あると思うので、先輩の姿を見ながら安全に手術を受け退院できるように、患者様それぞれがいい看護を受けられたと思ってもらえるような看護師に成長したいと思っています。

看護師を目指す後輩たちへのメッセージ

看護師を目指すきっかけや看護観は、皆さんの中でそれぞれ思いがあると思いますが、誰かを救いたいという気持ちは一緒だと私は思っています。 看護師として働く中で、救えなかった患者様や何の力にもなれなかった患者様もなかにはいます。そんな患者さんとの関わりも良い経験として、これからも私なりの看護観を磨いていこうと思います。 皆さんも自分の看護観をしっかり持って、たくさんの患者さんと関わってほしいです。病院で苦しむ患者さんの心の拠り所になる看護師になれるように一緒に頑張っていきましょう。

PAGETOP

Copyright © Akashi City Hospital All Rights Reserved.