MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
患者サポートセンターのご案内
外来のご案内
外来担当一覧表
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時・再診時の選定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
患者サポートセンターのご案内
面会についてのご案内
回復期病棟のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
呼吸器内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
リウマチ・膠原病内科
循環器内科
脳神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
地域の医療機関との連携
地域医療連携だより
登録医検索システム
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報誌特集号
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
医師修学等資金貸与者募集
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【令和2年度分】
入札結果【令和元年度分】
入札結果【平成30年度分】
看護部サイト
訪問看護ステーション
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索

将来を考えるアイコン

明石市立市民病院の将来を考える

「今後の病院体制のあり方に関する報告書」

議論のようす

地域医療構想の進捗を見据えた
今後の病院体制のあり方検討部会
「今後の病院体制のあり方に関する報告書」

理事長 藤本 莊太郎
院長  阪倉 長平

当院は、昭和25年に開設されて以来一昨年で創立70周年を迎えました。この間、その時々の医療ニーズに合わせて“市民のための病院”として精一杯の努力をしてまいりました。さらに、平成23年10月からは、国が示す医療制度改革に迅速に対応するために地方独立行政法人となり、診療体制の強化と経営の健全化に多くの改革を行ってまいりましたが、市民の皆様、そして行政、地域医療機関の皆様のご支援により順調に運営させていただき感謝申し上げます。

令和2年初頭からの新型コロナウイルス感染拡大におきましては、当院は明石市唯一の入院診療重点医療機関として令和2年4月1日から診療を開始し、市民の皆様の防波堤となるべく不退転の決意のもとに職員一丸となって取り組んでまいりました。令和4年3月31日までの2年間で重症・中等症を含む計942人の患者さんを診てまいりました。この間、市民の皆様からは多くの激励やご寄付を賜り、また、国や明石市行政からは適切な運営支援を頂き、コロナ診療が原因の離職者はだれ一人出さずに業務に精励できましたことを心より感謝申し上げます。

さて、我が国におきましては、世界に類を見ない少子高齢化の進展が年金制度や国民皆保険を基本とした医療制度を崩壊させるのではないかと危惧され、社会保障費の削減を目的とした病院の再編・統合、病床数の削減や適正配置などを行おうとする“政策=地域医療構想”が提起され議論が継続されています。全国それぞれの地域において千差万別の人口密度や経済格差がある中で一律に議論することには無理があり、難航しているのが現状です。

今回のコロナ診療を進める中で、医療は患者さん一人ひとりに真摯に向き合って成り立つものであり、地域から求められる医療をいかに提供できるのかが病院の生命線であることを改めて学ばせていただきました。当院の建物は築32年目に入り病院の心臓部ともいえる手術室や検査室などの設備の老朽化が顕著となり、近々に再整備事業計画を議論すべき時期になっています。このような時期において、先ずは地域に密着した病院の将来構想を院外の有識者にも参加していただき議論すべきと考えて、「地域医療構想の進捗を見据えた今後の病院体制のあり方検討部会」を立ち上げて計4回議論してまいりました。その結果を、“地方独立行政法人明石市立市民病院 今後の病院体制のあり方に関する報告書”としてまとめました。この報告書は、「こんな病院がいいな」というような夢を語るのではなく、明石市、神戸市西部を含む東播磨医療圏の医療の実態や将来の人口推計、患者さんの受療動態などのデータを客観的に分析して、また、国が示す将来の医療政策も勘案して、20~30年後に私たち明石市立市民病院にどのような医療が求められるのかをまとめたものです。

5月一杯を目途に、当院1階外来ホール(正面玄関入って右手側)に“ご意見箱”を設置しておりますので、皆様のご意見やご要望をお入れください。今後の病院再整備事業計画のスタートにおいて当院の診療機能の向上・改善に役立ててまいります。よろしくお願い申し上げます。


「今後の病院体制のあり方に関する報告書」 


以下のイラスト・バナーをクリックすると報告書(PDF形式)をご覧いただけます。

「今後の病院体制のあり方に関する報告書」イメージ図

「今後の病院体制のあり方に関する報告書」

078-912-2323(代)

TOPPAGE