#
理事長 藤本 莊太郎
#
明石市立市民病院は市民の皆さんの声によって建てられた病院であり「市民の皆さんの目線に立ち、親しみの持てる病院であり続けること」が基本にあります。高度先進医療だけを追い求めるのではなく、地域医療機関と連携しながら “生活に直結する医療サポートを行う総合病院”というスタンスで、医師・看護師をはじめとした多職種がチカラを合わせて医療を行っております。
#
市民の皆さんのニーズに応えるために、患者さんと一番多く接する機会のある看護師はとても重要な役割を持っています。
当院の看護師は「患者さんと接する中で観察力を高め、より良い看護へ活かせるチカラ」「人の心に触れることができる豊かな感性」を備えている方がとても多いように思います。

私はこの2つの能力を合わせて「看護力」という言葉で表現しておりますが、この「看護力」は病院で仕事をする全ての職種に必要なチカラです。
看護師は多職種の模範的なポジションであり「その役割を大事に考えながら自身を高めていける方」、そして「市民の皆さんに寄り添った看護をしていきたいと考える方」にぜひ当院の門を叩いていただきたいと願っています。
私をはじめ病院が一丸となって皆さんの「看護力」を伸ばしていくサポートをして参りますので、当院の入職をぜひご検討ください。

看護部長 清水 直美
#
看護部は、「生命の尊厳と人間性を尊重し、専門職としてやさしく信頼される看護を提供します」の理念のもと、看護部のモットーである愛・絆・心を大切にしながら日々邁進しています。

看護部長として何よりも大事にしていることは、思いやりの心をもって患者さんに接することができる現場の看護です。気配り、心配りができて、忙しい業務の中でも、患者さんの生きてきた物語を思い描き、いのちのケアをマネジメントできる人材を育成していきたいと思っています。患者さんを大切に思い、仲間を大切にして、ひととして互いに認め合い、職能として互いを尊重し高めあえる看護部でありたいと思っています。

当院の看護師は、「あなたに会えてよかった」と言ってもらえるように笑顔で日々努力しています。そんな看護部の仲間になって、ともに成長しませんか?

PAGETOP

Copyright © Akashi City Hospital All Rights Reserved.