MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来診療スケジュール
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
地域包括ケア病棟開設のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
日本医療マネジメント学会
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報あかし
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成29年度分】
入札結果【平成28年度分】
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ
看護部サイト

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索
TOPページ > 採用情報 > 臨床研修プログラム > 後期臨床研修医

後期臨床研修医

Senior Resident

後期臨床研修について

当院の後期臨床研修の特徴

平成29年8月に開催された日本専門医機構理事会の決定により、新しい専門医制度が平成30年度からはじまることとなりました。当院では、基幹施設となるのは内科領域だけで、他の専門分野は京都府立医大および神戸大学のプログラムの連携施設として研修を行うことになります。昨年までは、内科、小児科、整形外科、泌尿器科などの診療科について後期研修医を採用してきました。来年度以降についても特に変化はありませんが、それぞれの専門研修プログラムについては、当院独自のものは、内科専門医プログラムです。他の診療科については、京都府立医大および神戸大学のプログラムになりますので、それぞれの大学での手続きが必要になります。詳しくは、各診療科の責任部長にお問い合わせください。

後期臨床研修の内容

将来は、下記の領域の専門医として大学病院と連携しながら
それぞれの領域のスペシャリストを目指してトレーニングを行ないます。

1 内科専門研修
2 外科専門研修
3 小児科専門研修
4 整形外科専門研修
5 脳神経外科専門研修
6 泌尿器科専門研修
7 麻酔科専門研修
8 救急部専門研修

後期臨床研修医からのメッセージ

腎臓内科

小児科

整形外科

腎臓内科

神戸市の市中病院での初期研修後、腎臓内科の後期研修医として勤務しています。初期研修時は、広くジェネラルな知識を身に付けたいとの思いから、救急を中心に研修していましたが、専門知識の必要性を痛感し、また元々興味のあった腎臓内科で研修させて頂いています。
当病院の研修の特徴としては、自分の専攻科に加え総合内科にも所属し、様々な疾患の方を診ることができます。そして、他科との垣根が低いため、他科内科疾患でもコンサルトして終わりではなく、指導を頂きながら自分で治療を行うことができます。また、腎臓内科に関しては、腎生検、血液透析から病理診断、学会発表に至るまで、指導を頂いています。このように、専門科としての知識を深めながら、一般内科としての幅広い知識、経験を得ることができる理想的な環境だと思います。

腎臓内科

下村 悠記

小児科

広島の市中病院で初期研修を終え、明石市民病院で小児科医として後期研修をしています。重症例や珍しい症例が多い大学病院とは違って感染症などcommon deseaseが多いですが小児科医としての初めての一歩としてはこれからよく出会う病気を学べるという点ではいいと思います。また救急車の受け入れも出来る限り受け入れているので夜間当直などでの小児救急も経験できますし、一人だけではなく周囲の先生からもいろいろ助けてもらえるので自信をもってやっていけます。大学のような大きな規模ではなくので小児科医としての手技も多く経験できるので後期研修として仕事をするのにいい病院です。

小児科

陳 永球

整形外科

当院は、内科系から外科系まで24診療科からなる総合病院のメリットを生かして、自科で解決できないことも、すぐに他科の先生方に相談できる環境があります。自分の診療科の勉強をしながら、様々な診療科の先生と協力ができ、複数科での横断的な診断と治療が勉強できる病院だと思います。後輩の先生方にも恵まれた環境の下で3年目以降の後期研修医としてここで仕事をすることを是非お勧めしたいと思います。

整形外科

渡部 太輔

対談

指導医

#

かげやま なおと

景山 直人

外科・入職15年

1983年 鹿児島大学医学部卒業 
1995年 明石市立市民病院に入職
現在、同院副院長兼整形外科部長及び救急管理体制責任者も兼名
専門分野 / 脊椎、一般整形外科
資格・所属学会 /
日本整形外科学会(整形外科専門医・脊椎脊髄病医)
日本脊椎脊髄病学会(指導医)
中部日本整形外科災害外科学会(評議員)
京都府立医科大学客員講師
医学博士

研修医
#

わたなべ たいすけ

渡部 太輔

外科・入職5年

2015年 香川大学医学部卒業
兵庫県出身
2015年4月 明石市立市民病院に入職

話題1

#
景山

後期研修先を決めた時期はいつごろですか? またその理由を教えてください。

#
渡部

初期研修医1年目の3月ごろです。各科のローテーションが終わった時期でした。

#
景山

整形外科を専攻したのはなぜですか?

#
渡部

初期研修医でローテートしたときに、整形外科の手術に興味を持ったからです。
当院では、様々な整形外科疾患の手術を数多く経験できることと、若手医師に対する教育・指導体制も整っていると思い、ここで後期研修をさせていただくことにしました。

#
景山

現在の臨床研修制度について、ご意見をお願いします。

#
渡部

整形外科は毎朝ミーティング、火曜日にカンファレンス、木曜日に部長回診があり、悩んでいる症例などをすぐに相談できる環境にあります。さらに様々な専門領域に対応できる中堅の先生方もたくさんおられ、若手医師のトレーニングに対するサポート体制・研修環境が充実していると感じています。

#
景山

休日はどのように過ごしておられますか?

#
渡部

市民病院はJR明石駅から徒歩15分という好立地にあり、JR新快速で三ノ宮まで15分、大阪まで37分と交通アクセスも良いので、休みの日は、神戸や大阪に遊びに行ったりしています。また、明石駅周辺は、おいしい居酒屋やイタリアンの店が多いので、仕事が終わってから同僚や看護師さん達とよく飲みに行っています。

#
景山

今後のキャリア形成について聞かせてください。

#
渡部

ここで整形外科医として基本的なことを学ばせていただき、より専門性の高い、たとえば骨軟部腫瘍や小児整形などは大学(京都府立医科大学)で学ばせていただき、将来は自分の出身地である市民病院に戻ってきたいと考えています。

募集要項

当院が基幹病院となっているプログラム

領域 関連診療科 基幹施設プログラム 専攻医登録システム 申請書類
内科 消化器内科、循環器内科、
総合内科、腎臓内科、
血液内科、糖尿病内科、神経内科
明石市立市民病院
内科専門研修プログラム

当院が連携施設となっているプログラム

領域 関連診療科 基幹施設プログラム
小児科 小児科 京都府立医科大学小児科専門研修プログラム
外科 外科 京都府立医科大学外科専門研修プログラム
整形外科 整形外科 京都府立医科大学整形外科専門研修プログラム
泌尿器科 泌尿器科 神戸大学泌尿器科専門研修プログラム
脳神経外科 脳神経外科 神戸大学脳神経外科専門研修プログラム
眼科 眼科 神戸大学眼科専門研修プログラム
麻酔科 麻酔科 京都府立医科大学麻酔科専門研修プログラム
兵庫医科大学専門研修プログラム
放射線科 放射線科 神戸大学放射線科専門研修プログラム
皮膚科 皮膚科 京都府立医科大学皮膚科専門研修プログラム
病理診断科 病理診断科 京都府立医科大学病理診断科専門研修プログラム
耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科 京都府立医科大学耳鼻咽喉科専門研修プログラム

*連携施設のプログラムについては、まず人事課にお問い合わせください。

試験内容

選考日

随時

場所 明石市立市民病院2階 講義室
試験内容

面接

発表

選考試験日翌月中に通知します。

採用日

採用日 平成30年4月1日

待遇

身分 正規医師
就業時間 月曜日から金曜日まで 午前8時30分~午後5時15分
給料 モデル給与・・・時間外勤務手当、特殊勤務手当、期末勤勉手当等含む

3年目 月額約860,000円
4年目 月額約890,000円
5年目 月額約910,000円
平成28年度実績(3~5年次への支給額)平均920万円

申込手続

申込方法 次の書類を提出してください。
所定の様式はダウンロードしてください。また郵送の場合は、封筒の表に「採用試験申込書在中」と朱書きし、郵便局の窓口で「簡易書留」により送付してください。
(1) 採用試験申込書(所定の様式による)(縦4cm×横3cmの写真を添付のこと)
(2) 「明石市立市民病院を受験する志望動機」
1 自分が目指す医師像
2 医師免許取得後の研修状況
3 希望する研修コースでの後期研修に対する抱負を含めて800字程度で作成してください。
様式は任意ですが、作成者の氏名をご記入ください。なお、面接の際の資料としても使用しますのでコピーをとっておいてください。
(3) 医師免許証の写し
(4) 臨床研修修了見込証明書又はこれに代わるもの(応募時に臨床研修中の者に限る。)
(5) 臨床研修修了登録証(厚生労働大臣から交付されたもの。)の写しもしくは臨床研修修了証(臨床研修病院等から交付されたもの。)の写し(応募時に臨床研修を修了した者に限る。)
(6) 写真:1枚(履歴書貼付用と同じもの)
(7) 受験票返信用封筒:郵送により申込む場合のみ。長形3サイズ(12cm×23.5cm)に82円切手を貼り、返信先住所・宛名を明記してください。
申込期間 随時

休暇制度・福利厚生

休日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
休暇 年次休暇、その他、夏季休暇、忌引休暇
各種社会保険 ・兵庫県市町村職員共済組合、雇用保険
・医師賠償責任保険(病院自体:加入あり、病院による個人加入:あり)
その他 ・寮(単身用)・・・月額利用料20,000円
・院内保育所・・・1歳~小学校就学前、月額利用料30,000~40,000円 ※一時保育・夜間保育可
・学会・研修会等への参加に対する補助制度あり

お問い合わせ先・病院見学申込先

住所 〒673-8501 明石市鷹匠町1-33 地方独立行政法人 明石市立市民病院
窓口 経営管理本部経営管理室 人事課 笹部、和田
電話 078-912-2323(代表)
FAX 078-914-8374
E-Mail byoinsom@akashi-shiminhosp.jp
078-581-1013