MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来診療スケジュール
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
地域包括ケア病棟開設のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
日本医療マネジメント学会
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報あかし
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成29年度分】
入札結果【平成28年度分】
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ
看護部サイト

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索
TOPページ > 採用情報 > 臨床研修プログラム > 初期臨床研修医

初期臨床研修医

Junior Resident

初期臨床研修について

当院の初期臨床研修の特徴

日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技術、知識)を身につけることができることを基本に研修を行います。
また、医療技術に習熟するための基本的鍛錬として、
①臨床医に必要な基本的知識及び技能の習得、②頻度の高い救急疾患の初期治療を習得、③医師としての使命、倫理観及び深い人生性を身に付けることが研修の目標であります。

初期臨床研修の流れ

プログラム概要

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科・神経内科・循環器内科・消化器内科 救急 必須A 必須B 必須C
2年次 地域医療 産婦人科 精神科 救急 選択1 選択2 選択3
内科(必須) 6ヶ月 内科、神経内科、循環器内科、消化器内科
救急(必須) 3ヶ月 1年目は、救急診療科・麻酔科を中心に救急医療に必要な手技取得を行う。残り1ヶ月は、救急外来日当直の日数をもって1ヶ月相当分の研修期間とみなす。 2年目は、救急外来日当直の日数をもって1ヶ月相当分の研修期間とみなすことも可能とする。
当院必須A・B・C 4ヶ月 外科、整形外科、小児科
地域医療(必須) 1ヶ月 協力施設
産婦人科(必須) 1ヶ月 産婦人科
精神科(必須) 1ヶ月 心療内科・精神科
選択1・2・3 8ヶ月 内科(血液・腎臓・糖尿)、神経内科、循環器内科、消化器内科、心療内科・精神科、外科、整形外科、脳神経外科、小児科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、救急診療科、地域保健課(但し、地域保健課は1ヶ月とし、2ヶ月分を別途選択可とする)
※3科目選択可能
給料 年収(平成29年度見込額)
1年目 約530万円(税・保険料控除前)2年目 約650万円(税・保険料控除前)
対談

指導医

#

おく なりとし

奥 成聡

外科・入職15年

1986年 滋賀医科大学医学部卒業
2001年 明石市立市民病院に入職
現在、同院副院長兼血液内科部長及び研修プログラム責任者も兼務
専門分野 血液腫瘍
資格所属学会 日本内科学会(認定医・指導医)
       日本血液学会(専門医)

研修医
#

こさか けんいちろう

小阪 健一郎

外科・入職5年

2017年 京都府立医科大学医学部卒業
大阪府出身
2017年4月 明石市立市民病院に入職

たなか さとし

田中 聡

2017年 藤田保健衛生大学医学部卒業
兵庫県出身
2017年4月 明石市立市民病院に入職

話題1

#

まず、医師を目指したきっかけを聞かせてください。

#
田中

幼いころから医師という職業に興味があり、医学部に進みました。

#
小阪

父親が開業しており、患者さんより感謝の言葉をたくさん頂いている姿を見て憧れたので医師を目指しました。

#

初期研修の病院を明石市立市民病院に決めた理由は何かありますか?

#
田中

当院の初期研修は自由度が高く、少人数での研修となっているためです。少人数であることで手技や症例など、より多く経験することができます。また、研修の自由度が高く、自分のやりたいことを相談すれば積極的に経験することができるところも当院の研修の特徴だと思います。

#
小阪

多くの系列病院で麻酔をかけている大学麻酔科の先生に、明石市立市民病院は、現在勢いのある病院だからお勧めだと言われたのが決め手になりました。
明石城を有する広大な明石公園の隣にあって明石駅も高速道路も近く、立地がいいところも気に入りました。

#

現在、ローテート研修のプログラムに沿って、内科系や外科系の各診療科で研修を進めていますが、どんな感想をお持ちですか?

#
田中

内科を6ヶ月にわたりローテーションでき、密度の濃い研修となりました。

#
小阪

自分は将来、皮膚科を希望しています。現在、半年で内科系しかローテートしていませんが、内科系の入院患者は、内科系疾患の皮膚病変を呈していたり、皮膚疾患を合併していたりする人がかなり多く、皮膚は内臓の鏡とはよくいったもんだと勉強になっています。これから外科系、精神科、小児科などをローテートしますが、メジャー診療科での研修経験は皮膚科とは言わず、どの科に行っても将来の診療に活きてくるのではないかと思います。

#

指導医の先生方のご指導はいかがですか?

#
田中

積極的に様々な手技を実践できる恵まれた環境かと思っています。

#
小阪

年齢の近い先輩先生には、電子カルテの使い方から研修の力の入れどころ抜きどころなど実践的なことを指導していただき、大先輩には豊富な経験(エビデンス)に基づいた医療と、豊富な経験に基づいた(完全に主観的)明石の美味しい店を教わっています。月4回あるショートレクチャーでは様々な診療科の先生から熱い指導を受け、ローテート中ではない他科の先生方にも相談しやすい環境になっており、患者さんのことから自分の健康状態まで相談させていただいています。

#

初期研修で一番勉強になっていることはどんなことですか?

#
田中

当直でウォークイン患者さんを実際に診察し、診察後に先生方からフィードバックをいただいており、良い勉強になっていると思います。

#
小阪

入院患者の主治医や救急外来での初療を任されたときが、一番勉強になっています。全責任が自分にあるとその分真剣になります。目の前の患者さんの話を聞いて身体を診て、考えて勉強して、思ったことをやってみる。責任をもって真剣にやることが一番実力がついていると感じています。

募集要項

募集情報

募集人員 3名
応募資格 平成30年3月に大学医学部卒業見込みで、医師免許を取得見込みの者。
また、既卒者で医師免許取得見込みの者もしくは医師免許取得者で卒後臨床研修を受けていない者。
プログラム名称 明石市立市民病院初期臨床研修プログラム
研修期間 平成30年4月~平成32年3月

試験内容

選考日 平成29年7月から9月までの平日 ※試験日は個別対応とし、調整します。
場所 明石市立市民病院2階 講義室
試験内容 面接

採用日

採用日 平成30年4月1日

待遇

身分 有期雇用職員(研修医)
※研修医には医師法上研修専念義務が課せられているためアルバイトは禁止
就業時間 月曜日から金曜日まで 午前8時30分~午後5時15分
給料 年収(平成29年度見込額)
1年目 約530万円(税・保険料控除前)2年目 約650万円(税・保険料控除前)

申込手続

申込方法 募集要項をご確認ください。
申込期間 平成29年7月1日(土)から平成29年9月1日(金)まで
※土・日・祝日を除く、午前8時30分から午後5時15分まで。
郵送の場合は、平成29年8月31日(木)必着

休暇制度・福利厚生

休日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
休暇 年次休暇 1年目10日、2年目11日
その他、夏季休暇、忌引休暇
各種社会保険 全国健康保険協会管掌健康保険、厚生年金保険、労働者災害補償保険、雇用保険
医師賠償責任保険(病院自体:加入あり、病院による個人加入:あり)
その他 寮(単身用)・・・月額利用料20,000円
院内保育所あり(24時間保育実施)
常勤医師と同様に学会・研修会等への参加に対する補助制度あり

お問い合わせ先・病院見学申込先

住所 〒673-8501
明石市鷹匠町1-33
地方独立行政法人 明石市立市民病院
窓口 経営管理本部経営管理室 人事課 笹部、和田
電話 078-912-2323(代表)
FAX 078-914-8374
E-Mail byoinsom@akashi-shiminhosp.jp
078-581-1013